×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

やせる運動の種類と方法

スポンサード リンク

やせる運動の種類

やせるための効果的な運動には種類があります。

やせるためにと、やみくもに運動していても効果的にやせることはできません。

運動には体についた体脂肪と糖質を燃焼する有酸素運動と、体内の糖質をエネルギーとして燃焼する無酸素運動があります。

ストレッチ運動は、激しい運動をする前に軽く体をほぐすためのもので、この3種類を用いてやせる運動をします。

息をしながらの運動が有酸素運動で、酸素と脂肪を結びつけて燃やしながら体を動かします。

水泳やウォーキング、ランニング、サイクリングなど、息をしながらできる運動が主な有酸素運動です。

なぜ有酸素運動がやせることに有効かというと、体内に取り込まれた酸素が、体脂肪と糖質を分解するからです。

短距離走や重量あげなどの、短時間で一気に終わらせるタイプの、その瞬間にだけ力が必要になるようなタイプを無酸素運動と呼びます。

この運動は酸素を吸わない代わりに、筋肉が体内の糖質をエネルギー源として消費します。

そのため無酸素運動のもう1つの重要なポイントは、筋力をアップすることです。

脂肪が燃えやすくやせる体になるには、筋肉を増強して、安静にしていても脂肪が燃える基礎代謝の高い体になるといいでしょう。

有酸素運動も無酸素運動も、事前にストレッチをすることによって筋肉をほどよく温め、運動に取り組みやすい体にと整える効果があります。

やせる効果があることからダイエットでは盛んに行われる運動ですが、適度な運動はストレス発散効果も期待できます。

やせるための運動方法について

運動によってやせるには、いくつかの方法があるようです。

ウエストを効果的に引き締める運動をして、脂肪を燃焼させてはどうでしょう。

足を肩の幅程度に広げ、前を向いて立ちます。

背筋を伸ばし、両手を前方に伸ばして両手の指を触れさせます。

そのままの姿勢で息を吸い込み、ゆっくりと息を吐きながら上半身だけを右にひねります。

両手は体と直角になる状態ほキープし、右側にひねった体を保って5秒保持してください。

体勢が崩れないよう、息を吸って吐く動作にも乱れがないよう意識します。

右側5秒が終わったら、深呼吸で息を吸いつつ体を戻し、そして次は左側へと体をひねりましょう。

これを1セットとして朝夕10セット行うことをおすすめします。

座位での腹筋も、下腹部のシェイプアップに効果的です。

椅子に座ったままの腹筋運動でやせる方法を会得しましょう。

椅子に腰掛けて、右足を椅子と太ももが平行になるように地面から上げて、30秒間そのままにします。

この時腹筋を使うようにし、左足も同じようにします。

両足を一緒に上げて30秒でも腹筋に力が入りますし、椅子を手で支えながら足を伸ばしてもやせる効果はあります。

踏み台昇降運動も手軽にできるやせるための運動方法です。

一定のリズムにしたがって、台に上ったり下りたりする運動です。

上がる足、下りる足を左右交互にすることがポイントです。あなたも毎日の生活にやせるための運動を取り入れてみませんか。

やせるためには食事と運動が大切

運動をしてダイエットを達成しようとする方は少なくありません。

しかし、やせるには、食事面や運動面の取り組みをずっと続けることです。

息が上がるような激しい運動ではなく、運動を終えても軽く会話が交わせる程度の運動量が適しています。

蓄積された体脂肪を燃焼させるには、やせる運動で脂肪を燃やすこと、食事内容を見直して摂取カロリーを減らすことで過度な脂肪を蓄えないことです。

運動によって体内の筋肉量を増加させることもやせる効果があります。

筋肉が適度に増えることで基礎代謝量が増し、じっとしていても体内のエネルギーが燃焼される体になるためです。

脂肪の燃焼しやすい体を作るには、筋肉を増やす運動をして筋力増強を行い、筋肉が脂肪を燃やす効果によってやせる作用を高めます。

全体重のうち、体脂肪以外の筋肉や骨、内臓などのことを除脂肪体重といいますが、これをできるだけ減らさずやせることが可能です。

ダイエットの基本ポイントは、食事のコントロールとやせるための正しい運動の2つだということをよく覚えておきましょう。

生活リズムを改善して、やせる運動をすること、食べ物を見直して高カロリー食を抑制しましょう。

甘いものを食べ過ぎたり食事を食べなかったりするとやせることが難しくなりますから、食事や睡眠は一定の時間に行う習慣を保つようにします。

摂取するエネルギーよりも消費するエネルギーを増やせば、必ずやせることができます。

適度な有酸素運動を続ければ、内臓脂肪の燃焼にも役に立ち生活習慣病予防にもなります。

運動によってやせることはもちろん、ダイエットと健康の両方の効果を期待できるのでおすすめです。

スポンサード リンク