×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

皮下脂肪型肥満と内臓脂肪型肥満

皮下脂肪型肥満と内臓脂肪型肥満

スポンサード リンク

人体には皮下脂肪と内臓脂肪という2種の体脂肪があります。この体脂肪を減らしてダイエットを行います。

それぞれに特徴があるので知っておいてください。

皮下脂肪は皮膚の下にある皮下組織という部分に付く脂肪です。

体の表面に近い部分にあり、外側からつかめる体脂肪で、つかんだ部分の厚さを測って肥満度を確かめられます。

皮下組織に脂肪が溜め込まれる皮下脂肪型肥満では、あきらかにたるんだ体型になります。

この皮下脂肪が運動などで代謝されずにずっと同じ場所に留まり続けるとセルライトになりやすいので、それを減らすためにダイエットをしたという方もいます。

また、関節など荷重がかかりすぎると負担が大きくなる場合もあり、その対策でダイエットをすることになる場合もあります。

一方、内臓脂肪は皮下脂肪のように皮膚のたるみなどには直接現れませんが、内臓脂肪が多いタイプの肥満は生活習慣病を誘発するようです。

内臓のまわりに付いた内臓脂肪は、体の外からはつかんで確認することができません。

内臓脂肪は体の中に隠れた体脂肪というわけです。

血流が活発な内臓の近くにある脂肪なので、内臓脂肪は普段からの働きも活発で、運動などで比較的簡単に燃やせますが増えるスピードも早いといいます。

内臓脂肪と皮下脂肪の増え方は性別による違いもあります。

男性はすぐに使えるようなエネルギーを溜めておきたいので、内臓脂肪が多めになります。

そのため、体脂肪率の近い男性と女性を比較すると、内臓脂肪がより多い方は男性ということが多いようです。

ダイエットで体内の内臓脂肪の量を減らすことは、生活習慣病の予防効果が大きく、将来的な病気リスクを軽減できます。

内臓脂肪の危険性

内臓脂肪による肥満体型が健康に良くないとされ、ダイエットが推奨されるのは、内臓脂肪型肥満は生活習慣病の要因を作ると言われているためです。

内臓脂肪は体内で悪玉物質の量を増やすので、糖尿病や脳梗塞、高血圧、ひいては心疾患や脳血管疾患などの動脈硬化性疾患を引き起こすことが分かっています。

内臓脂肪が多いと、成人病になりやすくなるのです。

内臓脂肪が多くなりがちな男性が、女性に比べて成人病にかかりやすいというデータもあります。

こういった事情から、ダイエットで内臓脂肪を代謝する必要性が出てくるのです。

内臓肥満型脂肪が多く体内にあり、生活習慣病の可能性が高まっている方を、メタボリック症候群といい危険視することがあります。

年を取った男性が、腹の辺りが出ばってきているのは、内臓脂肪が増えてきている現れであることもあります。

つまんだり触ったりしただけでは内臓脂肪は判別しにくいので、ウエストサイズで確認をします。

女性はウエスト90センチ、男性はウエスト85センチをオーバーしているならダイエットをしなければ、内臓脂肪型肥満としては危険な水準です。

最も危険性が高いのは、ウエストはかなりあるのに指で脂肪がつまめないという方でしょう。

健康診断でメタボリック症候群と判断されたことでダイエットを始めたという方は最近では少なくありません。

健康のため、ダイエットに取り組む男性もこの頃は大勢いるようです。

これまで、ダイエットの目的はスリム&ビューティが主でしたが、内臓脂肪をダイエットで減らし健康な体を作ることも目的となりつつあります。

内臓脂肪を燃焼させるための方法

スポンサード リンク

ダイエットに取り組む際に、減らしにくく増えやすい内臓脂肪をどう落とすかは重要な問題として取り上げられます。

有酸素運動の習慣をつけることは、内臓脂肪のダイエット効果が期待できます。

体内に酸素を取り込みながら脂肪燃焼を促進する運動が有酸素運動で、サイクリングやジョギング、水泳、ウォーキングなどが該当します。

摂取した脂肪は、内臓脂肪になる前は血液中に存在していますので、その段階のうちに有酸素運動で燃やします。

少しずつ酸素を取り込みながら運動を続けることで、血液中の脂肪だけで足りなくなった体が内臓脂肪を運動エネルギーとして消費しはじめます。

内臓脂肪を効率的に代謝するには、息切れがするほどの厳しい運動では効果がありません。

ダイエットを成功させやすくするには、有酸素運動だけでなく、間食を減らして食事の改善を行うなどの工夫も同時にするといいでしょう。

内臓脂肪のダイエット方法として、食事を取らないのは逆効果とされています。

1日の必要カロリーがどのくらいかを知った上で、必要なカロリーをバランスのいい食生活によって摂取することが内臓脂肪ダイエットにも効果的です。

食物繊維やビタミン、ミネラルなどをたくさん摂取することで、ダイエット効果を高めることができます。

また、夜は10時以降は脂肪燃焼がされにくくなります。

10時前に消化を終わらせておくためにも、夕食は7時前がいいでしょう。

仕事などで無理があるときは油や糖分を控えた食事をおすすめします。正しいダイエットと有酸素運動で内臓脂肪をしっかりと燃焼させてください。